?

Log in

しずくの言葉
 
[Most Recent Entries] [Calendar View] [Friends]

Below are the 20 most recent journal entries recorded in 's LiveJournal:

[ << Previous 20 ]
Saturday, August 2nd, 2008
3:52 pm
Mini-translation 1
最後の独身パーテイーは著しい人のすべての友達の象徴、みんなを仲良くさせるマグネットじゃなければない。マリアは百万人の一人の素晴らしい女の人だから。一歩で、マルチンはすごく退屈な人だ。マリアの両親が欲しかったの百人以上のお客さんの豪奢結婚式をやらせなかったほど腕弛るい人だ。その方は普通ので、そうしないとおかしいでしょう?おかしくて面倒臭くて偏屈の無粋、やっぱりトレド県の人。どこから見てもマルチンはすごく鈍い人だ。さらに悪いことにマリアが調子を合わせて結婚する。腹立てて疎んじられて結婚する。2人の家族だけに伴って結婚する。家族といないといけないバージニア。そのため、忘れられない最後の独身パーテイーでないとだめだ。友達のみんなの特定なことを一生思い出せるパーテイー。マルチンとともに絶対できないパーテイー。バージニアは何でも準備してるから、マリアが笑って聞きながら、全体的なプランを要約しました。「でっかいピックニックパーテイーがいるのよ!みんながいっぱいにぎやかにしゃべったり腹一杯詰め込んだりするパーテイのよ!」
Tuesday, July 15th, 2008
10:06 am
NZ政府、先住民に土地返還 英国人の奪った森林
NZ政府、先住民に土地返還 英国人の奪った森林
New Zealand Government to Return Stolen Land to Maori

2008年6月26日1時32分
June 26, 2008 1:32am

 【シンガポール=杉井昭仁】ニュージーランド政府は25日、19世紀に入植した英国人らが奪った約17万ヘクタールの森林の所有権を先住民マオリに返還することで合意し、議会で調印した。過去20年間の借地料として2億2300万ニュージーランドドル(約180億円)も支払われる。同国の先住民への土地返還として最大規模で、政府は「和解に向けた大きな一歩」としている。

On the 25th, the New Zealand Parliament signed an agreement that the government return 170,000 hectares of forest stolen by British settlers in the 19th century to the former residents, the Maori. Two hundred twenty three million $NZ (~18trillion yen) will be paid as rent for the past 20 years. The government said of the large-scale return of land to former residents, "It is a big step toward reconciliation."

 現地からの報道によると、返還されるのは北島中央部にある森林地帯で、大半はマツの植林などに使われている。英国領となった1840年以降、入植者に不当に安く買いたたかれたり取り上げられたりしたとして、1980年代から返還を求めるマオリと政府との交渉が続いていた。

According to local reports, the land to be returned is a forested area on the north island being used mainly as pine forest. It became British territory after 1840, when it was unfairly bought cheaply, confiscated, or burned down by the newly arrived immigrants. The Maori have been demanding the land's return since 1980, and negotiations with the government have continued.

 マオリ側は森林の所有・管理会社を設立し、年1300万ニュージーランドドル(約11億円)の借地料を生活環境の向上などに充てる考えだ。

The Maori side established a company to own and manage the forest, and plans to set aside $NZ 13 million (~1,100,000,000yen) of the back rent this year to improve living conditions.

http://www.asahi.com/international/update/0626/TKY200806250372.html
Sunday, July 13th, 2008
11:23 am
表面に「古里に帰りたい」 萩焼、400年ぶり韓国へ
表面に「古里に帰りたい」 萩焼、400年ぶり韓国へ
Homesick Hangul Hagiyaki Bowl Returns to Korea After 400 Years

2008年7月14日0時8分
July 14, 2008, 12:08am

 懐かしいふるさとに帰りたい——。ハングルで望郷の詩が書き込まれた江戸期の抹茶茶碗が、京都の古美術収集家の遺族から韓国・ソウルの国立中央博物館に寄贈される。朝鮮半島から渡来した陶工の思いを託した作品が400年ぶりに海を渡る。

I want to go home. A Korean tea cup inscribed in Hangul with a poem about homesickness has been donated to the Seoul National Museum by the bereaved family of a Kyoto antique collector. This creation, entrusted with the thoughts of a potter visiting from the Korean peninsula, is crossing the sea for the first time in 400 years.

 寄贈されるのは口径約13センチ、高さ約11センチの「萩鉄絵詩文茶碗」。83年に70歳で亡くなった京都の古美術収集家藤井孝昭さんが生前、京都国立博物館に寄託した萩焼の作品で、「犬の遠ぼえが聞こえる。懐かしい古里に帰りたい」という趣旨のハングルが表面に記されている。

The piece is a "Hagitetsu Picture-Poem Teacup" about 13cm bore and 11cm high. The Kyoto collector, Takaaki Fukii, died in 83 at age 70. During his lifetime the cup was entrusted to the Kyoto National Museum. The poem, in Hangul, on the surface of the cup reads, "I can hear a dog howling. I want to go home."

 萩焼は豊臣秀吉が朝鮮出兵した文禄・慶長の役(1592〜98)の際に、毛利輝元が現地から連れてきた陶工が萩城下(現・山口県萩市)で窯を築いたのが始まり。寄贈される抹茶茶碗も渡来した陶工が17世紀初めごろに製作したとみられ、藤井さんの妻八重さん(86)ら遺族が話し合い「日韓交流のささやかな一助になれば」と韓国への寄贈を決めた。

Hagiyaki began at the time of shogun Hideyoshi Toyotomi's Imjin war (1592-98), when Terumoto Mouri brought potters to the Hagi Castle area (now Hagi City in Yamaguchi Prefecture) and began to build kilns. The donated matcha bowl appears to be the work of a visiting potter from the early 17th century. Fujii's widow, Yae, 86, spoke for the bereaved family. "We want to assist exchange with Korea even a little," so they decided to donate the bowl to Korea.

 里帰りの橋渡しをした京都国立博物館学芸課の尾野善裕さんは「ハングル入りの萩焼は国内には他に例がない。意義のある帰郷だ」と話す。抹茶茶碗は17日、八重さんと次男の慶さん(58)に携えられ、韓国へと渡る。(北垣博美)

Yoshihiro Hono, of Kyoto National Museum's Arts and Sciences Department, mediated the bowl's homecoming. "There is no other example of Hagiyaki with Hangul writing in this country. This is a meaningful homecoming," Hono said. On the 17th, Yae and her second son Kei will hand carry the matcha bowl to Korea.

-Hiromi Kitagaki

http://www.asahi.com/national/update/0711/OSK200807110055.html
朝日新聞より
Monday, June 30th, 2008
7:56 pm
銀閣寺
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080630k0000m040054000c.html

銀閣寺:外装に黒漆塗る補修を断念 外壁の板、風化で薄く

 改修工事中の銀閣寺(慈照寺、京都市左京区)について、京都府教委が外装に黒漆を塗って創建当時の姿に戻すことを検討したが、解体調査の結果、断念していたことが分かった。わび・さびで知られる東山文化の象徴だけに、府文化財保護課は「創建当時の復元はできなかったが、多くの人が銀閣寺からイメージする枯淡美は維持される」としている。

 「銀閣」は2階外壁の黒漆に池の反射光が映って銀色に輝いたのが語源とも言われている。06年の科学的調査で銀箔(ぎんぱく)が張られていなかったことが確認され、通説通り漆塗りだったことが分かった。

 現在は漆がはげ落ちて板張りに見えるため、府教委は創建時のように黒漆を塗って保護しようと検討。しかし、外壁の板の厚さが風化で半分程度になっており、最も薄いところで1センチしかなく、塗装には不適と判明。学識者などでつくる寺の保存整備委員会と協議した上で断念した。

 銀閣寺は同教委が昨年末から改修工事中で、こけらぶきの屋根も27年ぶりにふき替えられる。【谷田朋美】

毎日新聞 2008年6月29日 19時45分(最終更新 6月29日 19時54分

Ginkakuji lacquer maintenance plan abandoned
Outer boards too thin from weather wear


The Kyoto Board of Education has been considering a plan to apply black lacquer to Ginkakuji in order to return it to its original appearance. The temple, properly known as Jishou-ji, located in, Sakyou Ward, Kyoto, is currently undergoing repair work. However, the results of a close examination indicated the plan could not be carried out. Ginkakuji is known as an example of the unique austere beauty and elegant simplicity of the Higashiyama period. According to Osaka's Prefectural Department of Preservation of Cultural Properties, though the temple cannot be restored to the way it looked when it was built, the image of Ginkakuji's beauty in elegant simplicity will be preserved.

The "silver" in the name Ginkakuji ("silver pavilion temple") is sometimes said to originate from the silver-colored shine of light reflected in the black lacquer of the outer walls of the temple. In 2007 a scientific study confirmed that silver leaf had never been applied to Ginkakuji, supporting the commonly held understanding of the name's origin.

Now, the black lacquer is coming off the walls and can be seen on the wood flooring. The Kyoto Board of Education discussed relacquering in order to protect and maintain the appearance of the temple. However, the outer walls have become thin due to exposure to the elements. In some places the walls are only one centimeter thick, too think to allow the application of lacquer. In consultation with the Temple Preservation Committee made of of scientific experts and others, the Board of Education abandoned the plan.

The Board of Education is currently overseeing repairs to the temple, which is having its roof shingles replaced for the first time in 27 years.

-Tamida Tomomi
Mainichi Newspaper, June 29, 2008, 7:45pm
Friday, June 27th, 2008
10:38 am
NOVAの猿橋元社長を逮捕へ…社員給与積立金横領容疑で
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080624-OYT1T00064.htm?from=main2

NOVAの猿橋元社長を逮捕へ…社員給与積立金横領容疑で
Former NOVA president Sahashi to be arrested on embezzling charge

 経営破たんした英会話学校「NOVA」(破産手続き中)の社員積立金が無断流用された疑惑で、猿橋(さはし)望・元社長(56)が経理担当者に積立金の流用を指示した疑いが強まり、大阪府警は24日、猿橋元社長を業務上横領容疑で取り調べ、逮捕する方針を固めた。


Sahashi Nozomu, former president of the English conversation school NOVA, is under investigation by Osaka metropolitan police for suspected misappropriation of company employee funds. Investigators found firm evidence that Sahashi (57) instructed his accountant to divert reserve funds, and police settled on a course of action to arrest him.

 テレビ電話で講義を行う「お茶の間留学」事業に絡んで、NOVAから猿橋元社長がオーナーだった通信会社にも多額の資金が流れており、府警は、NOVAを巡る不透明な資金の流れについて解明を進める。


Sahashi is also the owner of the telecommunications company that presented the "Tea-time Study Abroad" video-phone lecture. A large amount of capital flowed between the two companies, and police continue to investigate the murky financial flow surrounding NOVA.

 捜査関係者やNOVA関係者によると、同社社員らの互助組織「社友会」を代表する立場だった猿橋元社長は昨年7月下旬、経理担当者に指示し、社員の給料から天引きされて集められていた同会の積立金約3億2000万円を、自身がオーナーだった「ノヴァ企画」の口座を通じてNOVAの口座に振り込ませ、横領した疑いが持たれている。


According to authorities as well as NOVA employees, Sahashi acted as a representative of the employees' mutual benefit organization. That "Colleague Club" deducted dues from employees' salary, and last July, Sahashi allegedly instructed an accountant to divert 320 million yen (over three million dollars) of that money into his personally held "NOVA planning" account.

 NOVAは当時、勧誘時の虚偽説明などを理由に国から一部業務停止命令を受けた影響で、途中解約した受講生から多額の授業料返還を求められており、NOVAに流れた資金は返還金に充てられたとみられる。
(2008年6月24日03時02分 読売新聞)


NOVA was ordered by the federal government to cease operations during the same period for deceptive recruitment procedures. Many students demanded tuition refunds for their cancelled classes, and it appears that much of the money flowing to NOVA was set aside to refund tuition.

Yomiuri Shinbun 6/24/08 3:02

--
だれかが読んでいるなら間違えをぜひ直してください。
Wednesday, June 18th, 2008
11:09 am
いじり放題USA
Episode 34 "The Bad Kids Song"
"Mom, put my CD on!" We're in the car on the way to school as my daughter Sal makes this request. The CD is one her PE teacher gave her when she entered kindergarten. "Let's drill lifestyle and moral education into their heads!" kind of thing. It's the kind of CD filled with songs that go,"This is America!"

"The Family Song" goes like this. ♪There are lots of different kinds of families. Families with just one mom, families with just one dad, families with two mommies, families with two daddies. There are all kinds of families!♪

Gently singing about homosexuality, "Homosexual parents are normal too!" To answer the trend of recognizing gay marriage and smoothly stir in societal change...the validating "The Family Song."

Then we have "The Body Song," which goes like this. ♪If an adult comes and touches you and tells not to say a word, shout loud, say NO! My body belongs to me! Don't think you can just touch me. Holding hands with friends is okay. But don't think you can just touch me anywhere.♪ It's a song to teach you how to not get caught by a pervert.

Sal's 4. At her last checkup, the doctor taught her that "What a bathing suit covers are your private parts. Nobody is allowed to touch them." Of the two of us, I was more confused, but apparently this is normal for American daughters. They sing loudly, "Don't touch me! Go away!" If you yell angrily in a dummy voice, will the pervert run away? I wonder. The song with high hopes for an effective outcome, "The Body Song."

So the next song is Sal's favorite, "The Bad Kids Song." ♪Dadada da dadada da♪

This song gets special treatment even within the CD, a long, ominous prelude. Like a Demon Boy theme song, with a dark, eerie melody. Sal, however, is waving her arms back and forth and nodding her head cheerfully as if some fun game is about to begin, all ready to start singing. Okay, let's begin! The chorus of The Bad Kids Song. ♪In the parking lot at school there's a boy with a paper bag in his hand getting high. He's pointing to his bag, saying 'Come and try it!', but this is what I have to say: NO drugs! NO drugs! I'm happy without them!♪

"NO drugs (cha cha) NO drugs (cha cha)," Sal sings happily during the interlude. The song continues. ♪In the parking lot at school there's a bad kid smoking and drinking beer. He's trying to look cool. But I know I don't have to drink and smoke to be cool! I won't do terrible destructive things like alcohol and drugs. I won't have a hand in that stuff. (Da da da da da...)♪

The first time I heard this song I laughed and spurted coffee out my nose. Are the parking lots of America's kindergartens such dangerous places? I've seen a lot of crying kindergarteners, but I've never seen one be offered alcohol. Fraidy-cat America. While Japanese kindergarteners are innocently marching to Doraemon songs, American kids sing songs about alcohol and tobacco and the danger of perverts. If this is what kindergarteners sing, are the first-graders singing songs about contraception and the danger of illicit sexual relationships?

"Mom, I'm making alcohol off-limits to you!" The CD's immediate effect on Sal is to get in the way of my dinner wine. "Alcohol in moderation is good for you." "Red wine is full of polyphenols that prevent hardening of the arteries." Ohhh, this is going to turn alcohol sour for me. I just want to drink in peace without getting a sermon from my four-year-old. The bad mother tormented by fresh American moral education. I want to go back to Japan, my hangover heaven.
Monday, January 21st, 2008
5:01 pm
オットセイ
毎日新聞 2008年1月21日 20時00分
雑記帳:メスのオットセイ、新潟県村上市の砂浜に


 ◇新潟県村上市柏尾の砂浜に、迷子のオットセイが居着いている。体長約1メートルの若いメスで、近くの住民が19日朝に発見した。日本海側での発見は珍しいという。

 ◇人が近寄っても逃げず、時折、愛らしいポーズを見せるため、うわさを聞きつけた住民らが一目見ようと詰めかけ、砂浜は大にぎわいに。

 ◇しかし、オットセイは次第に元気がなくなってきたため、市は21日、「野生動物なので、人間が近寄るとストレスになる」と周辺にさくを設けた。小魚を食べさせ、体をなでていた住民たちは「良かれと思っていたが、逆効果とは……」と回復を祈っている。【黒田阿紗子】

Mainichi Newspaper, January 21, 2008, 8pm.
Notebook: Male fur seal on Murakami, Niigata beach

A lost fur seal has settled on Murakami City's Kashio Beach in Niigata Prefecture. Local residents discovered the young male fur seal, about one meter in length, the morning of the 19th. Fur seals are rarely seen on Japanese beaches.

The seal did not run away when approached by people. Citizens, upon hearing the rumors, came crowding to the beach for a cute pose with the seal.

However, as the seal had become lethargic, on the 21st, the city set up a barrier around it. "As a wild animal, the close proximity of humans is stressful." Residents who had fed small fish to the seal and petted it responded, "We thought it was okay, but it was the opposite..." and are hoping for the seal's recovery.
Wednesday, January 16th, 2008
11:59 pm
抑(P); 抑抑; 抑々 【そもそも】 (conj) (uk) in the first place; to begin with
先天的 【せんてんてき】 (adj-na,n) a priori; inborn; innate; inherent; congenital; hereditary
要するに 【ようするに】 (adv,exp) in a word; after all; the point is ...; in short ...;
広告 【こうこく】 (n,vs) advertisement
断る(P); 断わる 【ことわる】 (v5r,vt) (1) to refuse; to reject; to dismiss; to turn down; to decline; (2) to inform; to give notice; (3) to ask leave; to excuse oneself (from)
しょっちゅう (adv) always; constantly
細やか 【ささやか】 (adj-na) meagre; meager; modest
主 【おも】 (adj-na,n) chief; main; principal; important
好意 【こうい】 (n) good will; favor; favour; courtesy
補う (おぎなう)supplement/compensate
端端 【はしばし】 (n) odds and ends; all; every
反射的に 【はんしゃてきに】 (adv) reminiscingly
Tuesday, February 21st, 2006
3:09 pm
また私です
ずっと寝てた。何かさあ...グロッキー。のどが痛い。奇妙な気持ちがある。メアリとAIMで話している。

部屋を片付けるべきだ。シャワーを浴びるべきだ。ご飯を食べるべきだ。沖縄の荷物を詰めるべきだ。いろんなことをするべきだけど、やる気持ちが全然ない。部屋は汚い。

昨日の晩、眠れなかった。(「昨日の晩」って言っても、実は1時すぎた)A Death In The Familyを読んだけど、気がまぎれたし。泣いちゃった。インタネットで時間をさぼった。母から前の神戸のホーストファミリのメールアドレスをもらって、メールを日本語で書いて送った。残念ながら、メールが跳ね返された。神戸に行く時、ぜひ高橋さんたちと会いたい。今、母から住所をもらったので、メールを手紙にするつもり。漢字練習になるし...それはいいことだと思う。

みんな、「ダーリンは外国人」という漫画を読んだことある?とても面白い。後、村上春樹の小説。もう一つを読むつもり。

またすぐここで書いたのはみんなに迷惑となってごめんね。よろしく〜
Monday, February 20th, 2006
11:37 pm
久しぶりで〜す
私はなんて、いやな感じになっちゃった。馬鹿なダニエルとキャサリン。別にいい、じゃん。グレッチェンが好きから。でもさあ...

ホストファミリーはみんなもう寝ている。日本にいる友達はみんなもう東京を出ちゃった。アメリカにいる友達はみんな寝ているかも。寂しい。生理のせいかもね。したいことはないみたいな感じがする。多分、今読んでいる本をもう少し読み始まったら、また面白くなるけどね。後、もう寝る方がいいじゃん。でもなんか...愚図っている。(愚図る=いい表現だと思う〜これで丁度いいみたいだね。)読まないべきな物を読んじゃった。いつもいつもそれでうるさがる。実は、馬鹿は私だ。

いずれにしても、一生懸命愛します。次から次へと失恋でも。
Saturday, June 4th, 2005
1:47 pm
国境 【こっきょう(P); くにざかい】 (n) national or state border
地方 【ちほう(P); じかた】 (n) area; locality; district; region; the coast
隣接 【りんせつ】 (n,vs) adjoin; adjacent; related
小国 【しょうこく】 (n) small country
営業 【えいぎょう】 (n,vs) business; trade; sales; operations
停止 【ていし】 (n,vs) suspension; interruption; stoppage; ban; standstill; deadlock; stalemate; abeyance
間歇 【かんけつ】 (n) intermittency
泉 【いずみ】 (n) spring; fountain
地 【ち】 (n,n-suf) earth
震わせる 【ふるわせる】 (v1) to be shaking; to be trembling
熱湯 【ねっとう】 (n) boiling water
各地 【かくち】 (n) every place; various places
恐慌 【きょうこう】 (n) panic; scare; consternation
巻き起こす 【まきおこす】 (v5s) to create (a sensation); to give rise to (controversy)
当初 【とうしょ】 (n-adv,n-t) at first
地球上 【ちきゅうじょう】 (adj-no) on the earth
重大 【じゅうだい】 (adj-na,n) serious; important; grave; weighty
預金者 【よきんしゃ】 (n) depositor
一夜 【いちや(P); ひとや; ひとよ】 (n-adv,n-t) one night; all night; overnight; one evening
財産 【ざいさん】 (n) property; fortune; assets
消える 【きえる】 (v1) to go out; to vanish; to disappear
悪夢 【あくむ】 (n) nightmare; bad dream
到底 【とうてい】 (adv) (cannot) possibly
事件 【じけん】 (n) event; affair; incident; case; plot; trouble; scandal
被害 【ひがい】 (n) damage
総額 【そうがく】 (n) sum total; total amount
百億 【ひゃくおく】 (n) 10,000,000,000; ten billion
見積もる 【みつもる】 (v5r) to estimate
兆 【ちょう】 (num) sign; omen; indication; portent; 1,000,000,000,000; trillion
金額 【きんがく】 (n) amount of money
達する 【たっする】 (vs-s) to reach; to get to
取り分; 取り分け(P); 副 【とりわけ】 (adv,n) (uk) especially; above all
大半 【たいはん】 (n) majority; mostly; generally
中東 【ちゅうとう】 (n) Middle East
中南米 【ちゅうなんべい】 (n) Central and South America
第三 【だいさん】 (n) the third
跨がる(P); 跨る 【またがる】 (v5r) (1) to extend over or into; (2) to straddle
貧困 【ひんこん】 (adj-na,n) poverty; lack
極 【きょく】 (n) (1) pole; (2) climax; extreme; extremity; culmination; height; zenith; nadir
事態(P); 事体 【じたい】 (n) situation; present state of affairs; circumstances
深刻 【しんこく】 (adj-na,n) serious
聞き馴れる; 聞き慣れる 【ききなれる】 (v1) to get used to hearing
言い古す 【いいふるす】 (v5s) to say repeatedly or proverbially
処分 【しょぶん】 (n,vs) disposal; dealing; punishment
命ずる 【めいずる】 (vz) to command; to appoint
正式 【せいしき】 (adj-na,n) due form; official; formality
名称 【めいしょう】 (n) name
信用 【しんよう】 (n,vs) confidence; dependence; credit; faith; reliance; belief; credence
通称 【つうしょう】 (n) popular name; nickname; alias
頭分 【かしらぶん】 (n) boss; leader
香港 【ほんこん(P); ホンコン】 (n) Hong Kong
支店 【してん】 (n) branch store (office)
看板 【かんばん】 (n) sign; signboard; doorplate; poster; billboard; appearance; figurehead; policy; attraction; closing time
掲げる 【かかげる】 (v1) (1) to publish; to print; to carry (an article); (2) to put up; to hang out; to hoist; to fly (a sail); to float (a flag)
失う 【うしなう】 (v5u) to lose; to part with
か 【わずか】 (adj-na,adv,n) only; merely; (a) little; small quantity
崩壊(P); 崩潰 【ほうかい】 (n,vs) collapse; decay (physics); crumbling; breaking down; caving in
倒産 【とうさん】 (n,vs) (corporate) bankruptcy; insolvency
Wednesday, May 25th, 2005
12:15 am
Saturday, May 21st, 2005
11:09 pm
Tuesday, May 17th, 2005
4:03 pm
Monday, May 16th, 2005
10:24 pm
Thursday, April 14th, 2005
9:17 pm
ダニエル
今晩ザックさんと一緒に晩ご飯を食べて本屋に行った。本屋の後、sorbetを買った。ザックさんが買った、私たちが食べた。私は,「デニスさんと一緒にようなことでしょうね」と考えた。それから、ダニエルサンと一緒にいてほしい。本当にダニエルさんと一緒にいたいです。他の何でもは全然大切じゃない。ダニエルさんンだけが大切だ。

ずっとダニエルさんと話したい。いつも寂しくて悲しい。かわいそうな気持ちだよ。
Monday, April 11th, 2005
9:25 pm
単語練習
ルームメートとうまく行かない時、部屋を分割(ぶんかつ)しました。
ジャパンハウスの買い物の費用を分担(ぶんたん)します。
ノースウェストのネーティブの植物を分類(ぶんるい)することが好きです。
母から小包をもらったら,キャンディをみんなに分解(ぶんぱい)する。
時計を分解(ぶんかい)して、壊れたのが分かりました。
アメリカで、ブッシュとケーリと賛成するの人が分断(ぶんだん)しました。

チェシャ猫、私の間違えを直してください〜!^_^
Thursday, March 24th, 2005
8:48 pm
終わり
風が引いちゃった。のどが痛い。はも痛い。心も痛い。
今日ダニエルさんが帰った。私悲しくて寂しいだ。何か大変ほしかったね。本当に愛しているけど愛してもらえない。
他の人このように愛できないかもしれない。

Current Mood: なくなってしまった
Sunday, March 13th, 2005
4:39 pm
単語練習
あの人は、ご両親が死なれのに、楽天的です。
根性があったら、「オーディション」一人で見る。
テストに頑張りました。
賞金をもらって絶句しました。
無我夢中で日本語を勉強したらペラペラになります。
漢字を覚えないことについてよく弱音を吐きます。
キャットさんはいつもTea Gardenに行くよう私を口説きます。
前の彼氏に悪気が全然ありません。
憂鬱時,「うれしいなって」と言うことは逆効果です。
悲しい時、目を伏せるとゆっくり歩きます。
あの先生は、怒っている時、無表情です。
慌てて逃げてしまいました。
子供は無理矢理はをみがきます。
今晩映画に行く余裕がありません。
Wednesday, February 2nd, 2005
5:22 pm
多分,大丈夫なったね。かぎもらった。たくさん宿題があるけど、モチベーション今あまりない...
今晩は,映画のクラスがあると、誰もご飯作らない。そうして、じぶんでごはんをつくるよリし方がない。でも,大丈夫。
[ << Previous 20 ]
About LiveJournal.com